最終更新日 登録物件数0 限定物件数0
ホームお客様の声一覧 > お客様の声詳細
  • 新築一戸建を探す
  • 中古一戸建を探す
  • マンションを探す
  • 土地を探す
  • 当社限定物件を探す
賃貸はこちら
オープンハウス情報

センチュリー21 タイセーハウジングのご紹介

  • 会社案内
  • センチュリー21とは
  • 当社が選ばれる理由
  • 提携金融機関のご案内(金利優遇あり)

店舗案内

  • 渋谷店
  • 桜新町店
  • 厚木店
  • 本厚木駅前店
  • スタッフ紹介
  • 不動産売却査定
  • お客様の声
  • PV集
センチュリー21 タイセーハウジング 建築事業部 idea style
中国語スタッフ在籍
国際規格ISO22301認証取得
野球教室開催
賃貸営業部
2018年度 新卒採用情報
センチュリー21 タイセーハウジングの採用情報
CHO構想推進事務所として登録
究極のエコ住宅とは?
東日本復興支援プロジェクトエコバッグプレゼント

Oさんファミリー

「最初は建築条件を外すつもりでしたが、わがままも受けとめてくれそうなタイセーハウジングさんに建築もお願いしました。完成した家に入って『わーすごい!』って声がでました。想像以上のできあがりに大満足です」 相模原市 大竹さんファミリー

今回おじゃましたのは2日前に引っ越しをしたばかりのO邸。Oさんファミリーはご主人(34歳会社員)と、奥さま(33歳看護師)、長男(3歳)、次男(8ヶ月)の4人家族。一家はもともと新宿区のマンションに住んでいましたが、相模原市に土地を見つけマイホームを建てました。ドアを開けて中に入ると、想像以上に明るい玄関ホールにおどろきました。できあがって間もないので新築のにおいがします。「最初は土地だけ購入して、建築条件を外してもらおうと思っていたのですが」と話すお二人がタイセーハウジングに建築を依頼した理由と、気学に基いて建てた家のこだわりなどについて伺いました。

もくじ
駐車場を広く取った大竹さん邸。向かって左側に玄関がある
マイホーム購入のきっかけ
片付け中の段ボールも子どもにとっては楽しい遊び場!
- 本日はお引っ越し直後でお忙しい中、どうもありがとうございます。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
- マイホーム購入のきっかけを教えてください。
もともと自分たちの家を持ちたいという夢は持っていました。子どもが生まれて手狭になり、いよいよ荷物も置けない状態になってきたということがきっかけです。以前住んでいたのは新宿の賃貸マンションで間取りは1LDKでした。
方角や広さ、周りの起伏を重視しての土地探し
花びらがひらいたような照明「家を建てたらリビングにはコレ!と決めていました」
- いつ頃からどのような条件で探しましたか。
次男が生まれてすぐの、2012年2月半ばくらいから探し始めました。

5年くらい前から妻が気学というものを習っていまして、それに基づいて土地を探し、家の間取りを考えていきました。

気学というのは方位学や風水のようなもので、引っ越しにおいては方角、時期を重視します。土地探しでは以下のような条件で探しました。

<気学に基づいた条件>
・当時住んでいた新宿からの方角
・お互いの勤務先からの方角
・四角い土地、100m四方にアップダウンがない平坦な土地
・40坪以上

<それ以外の希望条件>
・都心に近い
・駐車場がある
・駅から徒歩10分以内

このような条件で以前お世話になったA不動産に探してもらいました。

実は5年前にもマイホームを購入しようしたんです。購入寸前までいったのですが、気学の先生に場所が良くないと言われ、購入を見送り、新宿の賃貸マンションを見つけて住まうことにしました。その時にお世話になった不動産屋さんです。2年前にも探していて、A不動産にはその時もお世話になりました。
家探しは3回目の大竹さんご夫妻。引っ越したばかりのリビングにて担当大塚と
最初は建築条件を外してもらおうと考えていた
- それからどうしましたか。
条件に合う希望の土地があったので、購入の相談に行きました。その土地の所有がタイセーハウジングさんだったんです。

当初、タイセーハウジングさんでは土地だけを購入して、家は自分たちでハウスメーカーを探してそこに頼むつもりでした。ですから建築条件を外してもらおうと考えていました。ですが、その時対応してくれた大久保さんの人柄に夫婦そろって惚れしてしまい(笑)、建設もタイセーハウジングさんにお願いすることにしました。
タイセーハウジングを選んだ理由
元気いっぱいのゆうとくん!お父さんに肩車をしてもらってゴキゲン
- 具体的にどのようなところが良いと感じ、タイセーハウジングを選んだのでしょうか。
家づくりにおいても、気学に基いて造っていくつもりだったので、かなり無理難題をお願いすることになりそうでした。最初にお会いした時に、家づくりでやりたいことなどについて話をしたのですが、そんな話も大久保さんは、真摯に話を聞いてくれ、素人の表現で伝わりにくいところも、ぱぱっとくみ取ってくださいました。

また、不安に思っていることがなんなのか引き出してくれて、その不安を解消してくれる。この人になら任せられると思いました。
- 不安を解消してくれたとは具体的にどのようなことですか。
例えば、基地が近いので家の上空を米軍の飛行機が飛ぶのでないかという不安や、家の前の道路は車通りが多いのではないかという不安です。それには地図を出してきて「ここは大丈夫ですと」説明してくれました。
- 他のところと比べましたか。
工務店さんを選ぶ段階だったけど他を検討することもありませんでした。住宅展示場をいくつか見に行っていいなと思っても、やっぱりタイセーハウジングさんにお願いしたいと思いました。
家づくりはどのようにすすんでいったか
明るくて広い玄関とリビング。「排水の配置からオープンキッチンはあきらめましたが、設計士さんと何回も打ち合わせをして納得のいく家ができました」
- 家づくりはどのように進んでいきましたか。
はじめに設計士さんとの打ち合わせです。設計士さんにイメージを教えてくださいと言われ、要望・希望を伝えました。それをもとに設計士さんがたたき台の図面を出してくれ、何度もやり取りをして形にしていきました。

水まわりなど特に気にしている部分に関しては、気学の先生のところに一緒に行って相談してもらいました。

引っ越しの日程も気学に基いて決めたもので動かせなかったので、それまでに家が完成するよう根を詰めて設計のやり取りやローンの手続きなどの事務手続きを行いました。

3~4ヶ月の間は、土日ごとにタイセーハウジングさんに通って打ち合わせをしていました。
心配だった予算オーバー
「大塚さんに予算が心配だと伝えたら再度話し合いの場を設けてもらえました」
- 毎週、新宿から通うのは大変そうですね。
はい。ですから体がきつい時は新宿まで来ていただいたこともありました。そんな中、僕は予算オーバーが気になっていました。
- いくらくらいオーバーしたのでしょうか。
1000万円です。妻は「大丈夫」と言うけれど、僕はかなりの予算オーバーでとても気になっていました。
- かなりの予算オーバーですが、それからどうしましたか。
心配で大塚さんに電話をしたら、ローン会社の人と再度(※確認)話し合えるような場を設けてもらいました。そこで詳しい返済プランと金額を出してもらって、不安がちょっと解消されました。

奥様大丈夫!私ももう少ししたら看護師の仕事に復帰予定ですので二人三脚で頑張ります。

僕はいまも少し心配ですが・・・。妻はこんな感じなので僕がストッパーになってるんです。妻だけだとどんどん進んじゃうけど、僕だけだとぜんぜん進まない。良いバランスですね。

- タイセーハウジング大塚さんにお伺いします。1000万円の予算オーバーということですが、大丈夫でしょうか。

(タイセーハウジング大塚)
大丈夫です。Oさんの場合、太陽光発電をつけたいなど、やりたいことやこだわりがたくさんありました。要望全部をかなえるとなると1000万円のオーバーでは済まなかったのですが、希望の家が欲しいという強い気持ちが伝わってきて、なんとかかなえたいと思いました。弊社の方でもがんばって、ほぼ要望をかなえて1000万円のオーバーにおさまるようにしました。

大丈夫かどうかは、お客さまと接していればわかります。Oさんは、奥様もお仕事をしていらっしゃるし、気持ち次第でなんとかできそうな支払額でした。このご夫婦なら大丈夫だと思い、お話をすすめていきました。

無理がある予算でしたら、お客様にはその旨をはっきりと伝えます。家は買って終わりではなく、生活はそこからも続いていくものだからです。

工事現場で手すりやスイッチの位置を決めた
「ドアのスリット部分の飾りはポストの模様とおそろいにしました」
- 工事中はいかがでしたか。
工事中も、ほぼ毎週現場に通っていました。壁紙、外壁、スイッチの位置、配線の位置、手すり、建具の色味、水道を付ける位置、棚板の位置、など設計図だけではわからないところを現場監督に確認していただきながら決めていきました。

工事中は職人の方が使う簡易トイレや工事用の水まわりを東~南東に集めていただくなど、通常ではきっとしないようなところまで対応していただきました。
家のこだわり
- 家づくりでこだわったところを教えてください。

気学に基づいた間取り

水まわり(台所や、洗濯機、洗面所、お風呂)の配置を東から南東にかためて成立させつつも、部屋の居住空間に配慮した暮らしやすい間取り。まるでパズルのように組み合わせを試行錯誤して現在の間取りになりました。

リビングのスタディデスク

キッチンから見える位置にL字型のスタディデスクを備え付けました。子どもが小学生になったとき、ここでで宿題ができるように。書斎スペースもあります。高さを今の子どもに合わせようかとも考えたけれど、建築士さんから「将来のことを考えて設計をした方が良いですよ。勉強するようになった頃に使えるような高さに」というアドバイスをいただき、大人の高さにあわせました。

キッチンはかわいらしく

タイセーハウジングさんのショールームのキッチンがとても気に入ったので黄緑のシンクと大理石そのままでお願いしました。

快適な湿度を保つための壁

賃貸マンションでは湿気がひどく気になっていたので、洗面所の壁は吸湿作用のあるエコカラットにしました。 寝室の壁は全面塗り壁にしました。吸湿放湿で快適です。寝室だけ空気が違います。

キッチンから見たリビングのL字型スタディデスク 快適な温度を保つための壁
タイセーハウジングへの評価
「わがままにも『どうにかします!』という反応をしてくれるのが心強かったです」
- タイセーハウジングへの評価をお願いします。
担当の方がみんなアツい!それに優しいです。

わたしたち、とくにわたしですが(笑)のわがままにも「どうにかします!」という反応してくれるのが気持ちよかったです。担当の大塚さんをはじめ、みなさんがとにかく優しいんです。無理なことも頭ごなしに全て否定されるのではなく、意図を組んでくれて、どうにかしてくれようとする気持ちが伝わってきました。

また、できないことちゃんと言ってくれていたのでやりたいことを気持ちよく言えました。ダメならダメでどうしようとか、若い人が多いからかアイデアがたくさんでてきました。

営業さんの優しいとは違う、うわっつらの優しさとは違う優しさを感じました。

設計士さんとの打ち合わせの時も、大塚さんにも同席していただいたのが心強かったです。気学に基いて「水まわりはこうしなければいけない」というのがあったのですが、建築の分からない素人がプロにむかって「ここじゃだめ」とは言いづらいですから。
「子ども部屋はドアを2箇所付けて、真ん中で区切ればそれぞれ独立した部屋にできるような間取りにしました」

また、排水の配置から諦めたオープンキッチンですが、設計士さんが独学で方位の勉強をして、なんとか希望の家をつくろうと頑張って考えてくれました。

こんなふうにみなさんの協力でできあがった家です。完成後の家に入った時、2人で「わーーすごい!」って。想像以上の家ができました。想像していたよりもかなりすばらしいおうちになりました。これまで賃貸ではできなかったことができて、子どもも大喜びで走り回っています。

たいがい1回ぐらい嫌な思いしそうなイメージでしたが、タイセーハウジングさんはどの方とお話しても嫌な思いしたことがありません。

最後に
「太陽光発電のパワーコンディショナーはウォークインクローゼット内に設置しました」
- これから家を買おうと思っている人に向けてアドバイスをお願いします。
太陽光発電はやはりおすすめです。とくにうちの地域はプロパンガスだからオール電化にしようと思って、太陽光を設置しました。また、消費税が上る前に購入するのがいいと思います。
- 最後にタイセーハウジングに向けてひとことお願いします。
社長の大久保さん、担当の大塚さんをはじめ、タイセーハウジングさんにはいろいろなわがままを聞いてもらいました。おかげさまで期待していた以上の家ができあがってとてもうれしいです。どうもありがとうございました。
大竹さんファミリーと担当の大塚でパシャリ

- お忙しい中ご協力ありがとうございました。

※取材日時:2012年10月

前へ  一覧へ戻る  次へ